ドクターズアドバイス

元気の樹

No.5 鼻血の処置

花粉症が気になる季節になりました。

子供は くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻への違和感から鼻に指を入れることが多く、鼻血の原因となります。出血部位は鼻中隔前方:鼻に指を少し入れた時指先で触れる中央の固いところ(キーセルバッハ部位)がほとんどで、ここは毛細血管がたくさんあり、表面は薄い粘膜のため傷つきやすく出血しやすいのです。では鼻血がでてしまったら、あわてず下記の処置を試してみましょう。

鼻血の処置方法

日本小児科学会:こどもの救急より 鼻血の処置 引用

  1. 鼻血を飲まないように下を向かせましょう。
  2. 鼻の中に何も入れずに、鼻翼全体をできる限り深くつまみ、鼻中隔を圧迫止血します。(この際、冷たいタオルや氷のうなどで鼻を冷やすと血管が収縮するので効果があります)
  3. 鼻呼吸ができない状態で、約15分持続的に圧迫します。

処置をして15分以上出血が止まらないとき、洗面器1杯ほども出血するときは、うつむき加減の体位を保ち、鼻を圧迫止血しながら病院につれていきます。
出血が止まった時は、しばらくうつむき加減の座った姿勢を保ちながら様子をみます。

様子を見るときのポイント

  • 上を向いて横にならせないようにしましょう。
    (横になったり、上をむいたりすると血液がのどに流れ込みやすくなります。 血液を飲み込むと気持ちが悪くなり嘔吐することがあるため、血液は飲み込まずに吐き出しましょう。)
  • 首の後ろをたたかないようにしましょう。
  • 鼻の中にティッシュペーパーを入れないようにしましょう。
    (ティッシュペーパーを鼻に詰めると、抜くときにまた傷をつけてしまい、あまりよくありません。鼻に詰める場合は親指の頭程度の綿を使用し、奥まで詰めない様にしましょう。)
  • 鼻をいじらないようにしましょう。
  • 鼻を強くかまないように注意しましょう。