ドクターズアドバイス

ドクターズアドバイス

No.25 今さら聞きにくい、おちんちんの話

H28.8.29更新

今回は男の子のお話しです。

「男の子のおちんちんなんて、どうやって洗っていいかもわかんない」「これって、包茎?」こんな声をママから聞くことがあります。
包茎とはおちんちんの先端の包皮口が狭いために包皮をむいて亀頭を完全に露出できない状態をいいます。
生まれた時は包茎が正常です。
その後、包茎の頻度は、1歳までの乳児で約80%、幼児で約60%、小学生で約30%と減少し、思春期以降ではさらに少なくなります。

包茎で困ることは?

  • 排尿時の包皮のふくらみ 
    排尿時におちんちんの先が風船のように膨らみ、おしっこの飛び散りが気になることも。ママはトイレ掃除がちょっと大変かな。
  • 亀頭包皮炎 
    おちんちんの先が赤く腫れて痛がることがあります。短期間の抗生物質内服や軟膏塗布ですぐよくなります。包皮先端の炎症のためですから、そっとしておきましょう。
  • 恥垢 
    包皮の下の白っぽい脂肪の塊のようなもの。これは亀頭表面と包皮内側の間に脱落した細胞や分泌物が垢として溜まったもので、これにより亀頭表面と包皮の間に隙間ができるようになって包皮は剥がれやすくなります。とる必要はありません。
  • 嵌頓包茎 
    包皮を無理に引っ張って亀頭を出そうとしたり、ツルンと亀頭が出るようになった後包皮を戻さないと、狭い包皮で亀頭が手前でしめられて腫れ上り大変痛がります。あわてずゆっくり戻しますが、痛がる子どもを連れて救急受診とならないよう、無理は禁物ですね。

治療は?

包皮がむけない状態がいつ頃まで続くのかは子どもによって様々です。生殖器が急激に成長する思春期までは包皮を完全にむいて下げることが出来ない男の子は少なくありません。包皮がむけないと言う理由だけで手術や特別な治療は不要です。それでも気になる時は、ステロイド軟こうを朝夕2回塗って指で包皮をずり下げ、むく練習をします。無理をせず痛がらない範囲で1カ月程度続けます。小児科や小児外科に相談してみてくださいね。