ドクターズアドバイス

ドクターズアドバイス

 

No.27 うんちで困っていませんか?H28.12.5更新

うんちの回数が週に3回より少なかったり、出す時に痛みや出血があったりすれば便秘です。うんちが溜まりすぎて、ゆるい便が便塊の横からちょびちょび漏れ出る状態も便秘です。下痢と思って小児科受診されることもありますね。
息んでいるのに出てこない、コロコロまたはべたべたのうんちがちょっとだけ出てくる、または5日以上うんちが出ていない場合は、早めにかかりつけ医に相談しましょう。

生活習慣の見直し

硬いうんちを出すために肛門が切れたり痛かった経験があると、子どもは便意があっても我慢してしまいます。結果ますますうんちは溜まり硬くなります。この状態が続くと、今度は便意を感じなくなりさらに溜まる、悪循環ですね。「うんち」とトイレに行けるためには、

  • トイレに行きたくなったら、すぐ行く。
    幼稚園バスで我慢したり、学校で我慢するのは便秘のもと
  • ゆとりのある決まった時間にトイレに座る習慣を。
    入園・入学前の今から習慣づけしましょう。
  • トイレトレーニングが嫌な原因になっていることも。
    無理なく始めましょう。足がブラブラでは息めません。小さいうちは足台の準備を。

食事にも注意しましょう。

うんちのもとになる食物繊維と水分、どちらが足りなくても出にくくなります。野菜、果物、海藻、豆類、芋類は食物繊維が豊富です。

オリゴ糖や乳酸菌も腸内環境を整える助けになりますね。

薬は正しく長く飲みましょう。

薬はうんちを柔らかく保ち、腸の動きを活発にするためのもの、出なくなってからではなく、溜まらないように毎日飲むことが効果的です。
便秘はすぐに治るものではありません。正しい生活や食事習慣はずっと続け、薬も続けて「便秘でない状態」を続けることが、薬のない生活への近道です。